スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

すいーつ

 甘い甘いスイーツを食べると、幸せな気分になる。
 なぜ、甘いものを食べるとそういう気分になるんだろ?
 
 彼とのデートも最初はそんなスイーツみたいだった。
 でも最近は・・・。

 流行のJ?POPが彼女からの着信を知らせる。
 でも、俺はでない。
 彼女であって「カノジョ」ではないからだ。
 それにしても、どうしてそうなったのだったっけ?
 俺はちょっと考えてみる。
 するとすぐに眠くなってきてしまった。
 俺は行動派だから、考えるのは苦手だ。

 日曜日なのに、することがない。最近、付き合いが悪かったせいで、メールの返事もない。YもKもSもみんなシカト。
 バイトも彼が止めろって言うから止めちゃったし・・・。
 しょうがないので、弟の部屋から借りてきた携帯ゲームで遊ぶ。
 やってみると、結構おもしろい。
 あ!
 死んじゃった。
 「カワイイ」とは、とても言えないキャラなのだけど、自分のだと思うと、残念に思えるから不思議だ。
「なにしてんだよ!」
 怒り声。弟がゲームを取り上げた。
「なにって、ちょっと借りてただけでしょ」
 弟は何か言いたそうだったけど、ぷいと横を向いて、私の部屋から出ていってしまった。
 なにもすることがなくなると、眠くなってきてしまった。

「おい、起きろ!」
 え、なに?
「なんでここにいんだよ?」
 むりやり起こされた私の目の前に、なぜか彼の姿があった。
「なんでここに?」
「なんでじゃねぇ。それはこっちが聞きたいよ」
 私の顔がクエスチョンだったのだろう。彼は少し怒りを静めて、
「ここ、俺の部屋。だから、勝手に入ってきたお前に質問してるわけ」
 え?
 一体全体どういうこと? 夢でも見てるのかなぁ。
「・・・なんとか言ったらどうなの?」
「自分の部屋で居眠りしていたの。そうしたら、Qに起こされて・・・」
 彼はそんなことは分かっている、その先が聞きたいんだ、という顔をした。
「本当に私が自分で入ってきたわけじゃないの」
「そんなこと信じられっかよ」
 気まずい雰囲気。
「そういえば、マイケル死んじゃったの」
「マイケル?」
「前に一緒に公園で見かけた犬」
 彼は思い出そうとするように、眉間に皺を寄せた。
 彼のこの表情、結構好き。
「あの豆柴みたいな雑種のノラ」
「ああ、あれか。けっこう、あれ好きだったよな、お前」
「だってQみたいなんだもの」
「マジかよ」
「そうだ。マイケルが死んじゃったんで、そのことを考えていたら、ここに・・・」
 彼が私の額を小突いた。
「バカいってんじゃねぇ」
「そうだよね、ごめん」
「・・・まぁ、その野良犬に免じて、今日は許してやるわ」
「ありがと」
 私たちは久しぶりに、ほほ笑みあった。
「今日、ご両親は?」
「え、いないけど・・・」
「する?」
「あほか」
 わたしは結局、お供えのお饅頭を一個いただいて、彼の家を後にした。
 彼のおばあちゃんに供えられていたお饅頭は、とっても甘かった。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

1616rockon

Author:1616rockon
I mADe stories 4 U

line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。